2016年12月14日

ゲーミングマウス『ロジ末永里美クール G402

ロジクールは、ゲーミングマウス『ロジクール G402 ウルトラファースト』を、オープン価格にて8月8日に発売する. ロジクールオンラインストアでの価格は5,980円+税. ※以下、メーカー様からの情報をもとに記事を掲載しております. ゲーミングデバイス市場における世界のリーディングカンパニーLogitech Internationalの日本法人、株式会社ロジクール(本社: 東京都港区、代表取締役社長: 竹田芳浩)は、世界中のゲーミングファンから支持を集める「Logicool G」シリーズの新機種、「ロジクール G402 ウルトラファースト FPS ゲーミングマウス」(型番: G402、以下G402)を2014年8月8日(金)より、ロジクールオンラインストアおよびロジクール製品取扱店で発売いたします. 価格はオープンプライスで、ロジクールオンラインストア価格は5,980円(税抜)となります. ≪G402の特徴≫ 「高速フュージョン・エンジン」内蔵 このG402は、素早いマウス移動時にも正確な追従性を発揮する、420インチ(10.67メートル)/秒の高速移動に対応する「高速フュージョン・エンジン」を内蔵しています. 素早いマウスの移動にも、精確な追従性を発揮します. 「Delta Zeroセンサー」搭載 移動やジャンプなど、通常はキーボードを利用する操作などを、自由に割り当てられる8個のプログラム可能なボタンと、高速操作時の精確性を一段と向上させることができるロジクール独自の技術「Delta Zeroセンサー」(デルタ・ゼロセンサー)が、より安定したコントロールとターゲティングを実現しました. 高耐久性 1秒間1,000回の高速レポートレート、ゲーム中の解像度切り替え(240-4,000dpi)、オンボードメモリプロファイル、軽量素材の採用、最大2,000万回クリックのボタン耐久性、超低摩擦フィートの採用など、長期間ご利用いただける高い耐久性のゲーミンググレードマウスに仕上がっています. デザイン性とユーザビリティを兼ね揃えたこのG402は、高速なマウス移動を必要とするFPSゲームに最適なゲーミングマウスを求める方や、ゲーミングスタイルに合わせた思い通りのカスタマイズ性を求めるFPSゲームユーザーの方に最適なツールで、ご満足いただける仕様になっています. ゲームに勝つことを追求したプレイを思う存分楽しんでいただくことができます. *すべての機能をお使いいただくには、ロジクール ゲーミングソフトウェアのインストールが必要です. G402外観 G402 製品概要 【製品名(日本語)】ロジクール G402 ウルトラファースト FPS ゲーミングマウス 【製品名(英語)】Logicool G402 Ultra Fast FPS Gaming Mouse 【型番】G402 【品番】910-004072 【JANコード】4943765040255 【価格】オープンプライス 【ロジクールオンラインストア価格】5,980円(税抜)(2014年7月現在予定価格) 【発売予定日】2014年8月8日 【保証期間】2年間 【マウス本体サイズ(横x奥行x高さ)】72mm x 135mm x 41mm 【ケーブル長】200cm 【マウス重量】140g(ケーブル含む) 【カラー】ブラック 【センサー能力】 センサー方式: オプティカル 解像度dpi: 240-4,000dpi 最大加速**: 20G 最大スピード**: 420インチ(10.67m)/秒 【感応性】 USBデータフォーマット: 16 bits/axis USBレポートレート: 1,000レポート/秒 【摩擦係数】 動摩擦係数-μ(K)***: 0.1 静止摩擦係数-μ(S)***: 0.15 【総ボタン数(チルト機能含む)】8 【耐久性】 ボタン寿命****: 2,000万回クリック フィート****: 250km 【スクロールホイール】有 【チルト機能】無 【対応ソフトウェア】Logicool ゲーミングソフトウェア (ロジクールのウェブサイトからダウンロードが必要です) 【対応OS】Windows 8.1/ Windows8/Windows 7/Windows Vista 【接続I/F】USB **ロジクール ゲーミング マウスパッド上のテストによる. ***ベニヤ板上でのテストによる. ****使用環境・状況によって異なります. Logicool Gについて 「Logicool G」シリーズは、PCゲーミングマウスやゲーミングキーボードなど、PCゲーミングの周辺機器業界をリードするロジクールの最新技術を搭載し、ゲームに勝つことを追求した自信作で、ゲーム中、操作の快適性をフルに味わっていただける製品です. デザイン性とユーザビリティを兼ね揃えたこの「Logicool G」シリーズは、充実したラインアップで、あらゆるジャンルのゲームを愛するコアユーザーの方に満足していただける製品を取り揃えています. ロジクールについて 株式会社ロジクールは、スイス連邦に本社を置く人々にデジタルエクスペリエンスを提供する世界的なリーディング企業、LogitechInternationalが100%出資する日本法人です. ダウモンクレールン 様々なプラットフォームに対応する多彩なハードウェアとソフトウェアを通じて、デジタル機器を使った生活をより快適なものにします. コンピュータのコントロールをはじめとして、ミュージックやビデオ、ゲーム、ソーシャルネットワーキング、インターネットコミュニケーション、ビデオセキュリティ、ホームエンターテインメントコントロールなど多岐にわたる製品、サービスを提供しています. Logitech Internationalは1981年に創設されたスイス連邦の株式公開企業であり、スイス証券取引所(SIX: LOGN)とNASDAQ Global Select Market(LOGI)に上場しています. 詳細は公式サイトをご覧ください. コトブキヤは、東京・秋葉原にあるコトブキヤベース・アキバ(コトブキヤ 秋葉原館5F)にて、"テイルズ オブ 夏祭り 2014"を8月23日から8月31日まで開催する. 期間中は、"ヨーヨー釣り"(1回400円)と"射的"(1回300円)が行われる. それぞれ、取ったヨーヨーの色に応じて全6種類の"特性シリコンバンド"、倒した的の色によって、全2種類の"特性クリアファイル"(A6サイズ)が1つプレゼントされる. 取れなかった人にもランダムで商品がプレゼントされるとのことだ. また、"テイルズ オブ 夏祭り 2014"にTales of Cafe出張所が登場. 『テイルズ オブ』シリーズの"夏祭り"にぴったりな特製ドリンク、ポップコーン、アイスキャンディが会場にて販売される予定だ. さらに、イラストレーターのサクライ氏が描き下ろしたルーク・ルドガーの夏祭りVer.うちわが無料で配布される. 予定数に達し次第配布終了となるので注意. 夏祭り開催記念商品販売 ◆巾着(えびせん入り)/価格: 1,296円(税込) ◆ルルうちわ/価格: 734円(税込) ◆絵馬 全4種/価格: 600円(税込) ◆缶バッジ vol.3(vol.1&2も再販)全12種/価格: 各300円(税込) ※缶バッチの絵柄を選ぶことはできないので注意. ランダムでの販売となる.
posted by KoyamaNatsu at 09:07| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年12月11日

みんなといっしょ』でフレ末永里美ンドを増やしてほ

北九州市若松区沖から遺体で見つかった内閣府の男性職員(30)について、第7管区海上保安本部(同市)は3日、死因を「低体温症か水死と推定される」と発表した. 韓国に渡った後の足取りは「現地の関係機関からの回答待ち」としたが「今のところ事件性に関わる情報には接していない」と説明した. 7管は先月18日、同区の防波堤沖を漂流するゴムボートに人影を発見. ボートはその後転覆し、20日朝に防波堤下の海中で遺体を見つけた. 22日に司法解剖し、死後1~2週間と確認. 死亡につながるような外傷はなかったという. 7管によると、遺体発見時にはボートの米国製の電動船外機と韓国製バッテリーも回収. 2月1日にボートも引き揚げ、米国製と確認した. 職員が着ていた茶色のジャンパーの上に重ね着した黒色ジャンパーのポケットには計25万3200ウォン(約2万4千円)の紙幣、硬貨と、職員名義のクレジットカードが入ったポーチが入っていた. 9月度のレビューで合否が決定 レゴ化してほしいものを投票するLEGO CUUSOOプロジェクトで、『 ポータル2 』のレゴが10000人のサポーターを集め、商品化検討段階へと進んだ. 2012年9月から開始され、数ヵ月にわたって行われるレビューを通過した場合、コンセプト検証を経て製品開発が進められることになる. 『 ポータル2 』は、Valveが開発したアクションパズルゲーム. FPS(一人称視点シューティング)とパズルゲームを組み合わせた、脳がグルグル活性化されまくるゲームプレイが特徴. 日本でもエレクトロニック・アーツよりプレイステーション3版とXbox 360版が、サイバーフロントよりPC版パッケージ(日本語字幕入りのダウンロード版もValveの配信プラットフォームSteamで発売中)が発売されている. 増やしたフレンドでほかのゲームも遊んでほしい PS Vitaの発売と同時に、PS Storeで無料配信された『 みんなといっしょ 』は、トロを案内役にフレンドを増やすことに特化したアプリだ. プレイ履歴やTwitter相互フォロワーといった条件に合わせて、フレンド候補を自動的に推薦してくれるのが特徴で、フレンド管理は"お庭"と呼ばれるビジュアル化されたフレンドリストで行う. 名刺を渡すことで気軽にフレンド申請ができるのだ. フレンドには"おしごと"を依頼でき、その"おしごと"達成することで、"MP(みんいつポイント)"を入手. ポイントを貯めることで"お庭"を拡張できるようになるという流れだ. ここでは、同作のプロデューサーである伴哲氏に開発の経緯などを聞いた. ソニー・コンピュータエンタテインメント ワールドワイドスタジオ JAPANスタジオ 『みんなといっしょ』プロデューサー 伴哲氏 ――まずは、『 みんなといっしょ 』の企画がスタートした経緯からお聞かせください. 伴 最初にPS Vitaの企画を立ち上げて、「プレイステーションの1st Partyとして、最初に伝えたいことは何か? 」というのを考えたときに、それは「PS Vitaならこういうことができるんですよ」、「PS Vitaならば、以前はできなかった、こんなおもしろさがあるんですよ」という点でした. それを考えたときに、PS Vitaの特徴として浮かび上がったのが、ネットワークを使ったコミュニケーション機能が充実しているゲーム機であるということ. となると、前提になるのがフレンドです. コミュニケーションは相手がいてこそ楽しいわけですが、ふと気がつくと、僕のPlayStation Networkアカウントを見たときに、フレンドがあまりいなかった. 周りの人に聞いてみても、意外とフレンド登録をしている人は多くなかった. 少なくとも、FacebookやTwitterといった、いま流行りのソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)みたいな数ではなかった. それで、きちんとPS Vitaで遊んでもらうためにはフレンドを作りやすい仕組みを作らないといけないな、フレンドを増やすことが楽しさに直結するゲームって何かないかな... というところから企画はスタートしました. ――トロを案内役に起用するというアイディアはすぐに? 伴 そうですね. 私がトロ担当ということもあるのですが(笑)、フレンドを作るときに、知らない人とフレンドになるというのはけっこう敷居が高いと思うんです. それをトロというキャラが仲介役になることによって、フレンドになることに抵抗がなくなるんじゃないかなというのがありました. トロって「人とコミュニケーションを取りたい」という強い欲求があって、それにフレンドを合わせるのはある意味しっくりくるのかなというイメージから来ています. ピポサルにしようかな... とかは、あまり思わなかったです(笑). ――制作を進めていくうえで、もっとも苦労したポイントは? 伴 「フレンドをどうやって増やしたらおもしろいのか? 」という点ですね. ゼロを1にするのってすごくたいへんじゃないですか. 増え始めると、どんどん増えていくと思うのですが、いまフレンドがゼロの人に対して、どうやって気軽にフレンド申請をするところまで持っていくかのフロー(流れ)だったり、表現だったりに気を使っています. 「ここで、いちいち"はい、いいえ"の選択を入れると面倒くさいから、ここはできる限り直接的に行けるようにしよう」とか. あるいは、フレンドになったときは、エフェクトなり演出なりを変えて、「フレンドが増えてよかったね」と思ってもらえるようにしようとか. ――私自身も、リアルな知り合い以外にフレンドがひとりもいないという、まさに危惧されている状態なわけですが(笑)、そういう人たちを1歩進ませるためのツボみたいなものはありますか? 伴 その1歩を越えさせるために活用したいと思っていたのがTwitterです. Twitterのアイコンってすごく印象的ですよね. タイムラインを見ても、"この名前の人が発言している"というよりは、"このアイコンの人が発言している"という印象のほうが強い. アイコンにはその人の個性も表現されますので、「知らない人は怖い」という心理的敷居を一気に下げられるんじゃないかと思ったんです. ――『 みんなといっしょ 』には、Twitterで相互フォローしているのが表示されるフレンドロビーがあったりしますが、けっこう活用されそうですね. 伴 そうですね. PSNでのマッチング自体では、ほかのゲームでいっしょに遊んだ履歴のあるユーザーだったり、『 みんいつ 』のプロフィールから好みの近いユーザーをリコメンドするというのがあるのですが、それ以外にも、もともとあるフレンド関係からコミュニティーを広げるために、Twitterと連携するのは必須だと感じていました. 正直、「配信時点でTwitter連携が実装できなかったら、まだ出さないほうがいいんじゃないか? 」くらいの気持ちでした. いちばん最初は、PSNだけのネットワークを作って、その後でTwitterを入れて、だんだん機能アップをさせていこうかな... とも思っていたのですが、やっぱりフレンドを作るのって一気にやったほうがいいですからね. ちょっとずつ増えていくと、どこかでダレてきてしまうところがある. SNSのフレンドって、ある日、急にぐっと増えたりするんですよね. そういう"急に増えた感"を演出したいなと思っています. ――ゲーム的には、フレンドが増えることのメリットってどんな感じになっているのですか? 伴 機能的には"おしごと"ですね. 『 みんなといっしょ 』では、自分の"お庭"でフレンドのアバターに"おしごと"を頼むことができるのですが、"おしごと"をこなすことで"MP(みんいつポイント)"を貯めて、"お庭"を拡張できるようになっています. 最初は"お庭"は閑散としているのですが、フレンドが増えることで、徐々に賑やかになってくるんですね. これは、SNSの特徴なのですが、フレンドがある程度の数を超えると、加速度的におもしろくなってくるんです. たとえ自分が何もしなくても、ユーザーが更新したコンテンツを眺めているだけでも楽しい. 実際のところ、そこにゲーム側からの「ほら、これで遊びなよ」という機能はいらないくらい. その楽しさが、フレンドが増えることのいちばんのメリットだと思いますね. とにかく、"一気にフレンドが増えていくスピード感"を楽しんでもらいたいです. ――PSNのフレンドは最大100人ですものね. そう考えると少し増やしてもいいような. 伴 そこで、「100人は少ない」と言われたら、このゲームを創った価値はあったのかなと(笑). ――拡張性、広がりの部分ですが、具体的にはどのようなところが広げられるのですか? 伴 名刺のデザインであったり、洋服のデザインだったり、"お庭"を増やしていくという部分ですね"お庭"はいま最大5個あるのですが、それ以外にも新しいデザインの"お庭"を追加していきたいと考えています. クリスマスや正月にあわせた"お庭"かもしれないし、なにかゲームとコラボしたときの"お庭"かもしれないし... . そのときのユーザーさんの流行に応じて、それは変えていきたいなと思っています. 『 トロ・ステーション 』も旬なネタにあわせて変えていたのですが、そのあたりはいっしょの感覚です. ――どれだけコンスタントに新しい要素を配信いけるかが、けっこうカギだったりするかもしれませんね. 伴 そうですね. いまは長期的なアップデート内容を詰めている段階なのですが、やっぱり定期的に機能アップデートはしていきたいと思っています. 『 まいにちいっしょ 』のときは、数ヵ月に1回大きな機能アップデートというものをしていたのですが、『 みんなといっしょ 』も、まずは機能アップデートがおもになってくるかと思います. 『 みんなといっしょ 』に関しては、たくさん要素を出してしまうと、それだけで何をしていいかわからないし、フレンドが増えてからこそおもしろい要素もある. そのために、最初はフレンドを増やすことに特化している機能が詰まっています. 今後は、「増やしたフレンドで何をするのか? 」をテーマに、新しいものが加わっていったり、フレンドとコミュニケーションするための要素が加わっていったりとか、どんどん拡張していこうと思っています. ――『 みんなといっしょ 』はSNSのように、どんどん変化していくということですね? 伴 はい. じつは、Twitter以外のフレンドのネットワーク、たとえばFacebookだったりを取り込む機能とかも今後は考えています. あと、"おしごと"に関しても、いまはひとりでこなすことになるのですが、3人でなければこなせない"おしごと"を作るとか、条件を満たしたフレンドでないと"おしごと"をできないとか... . ――その場合、初心者でないとこなせない"おしごと"に限定したりとか? 伴 できますね. じつは、『 みんなといっしょ 』では、"おしごと"を頼むときに、自分とのレベル差が離れているほど、報酬が多くもらえたりするので、熟練者が初心者の方に絡んでいくほうがメリットを大きくしています. だから、置いてけぼりになりましたということは少ないと思います. ――そういう意味では、発売日に乗り遅れた人でもOKですね. 伴 ぜんぜん大丈夫です. むしろ発売日から遅れているほうが推薦される人が多いと思います. まず推薦される人って、このゲームをやってないと出てこないので. Twitterの"お庭"に表示される人も、Twitterを相互フォローしている人で、なおかつ『 みんいつ 』をやっている人なんです. なので、年が明けたら、もっと人が増えてるかもしれないですね. ――発売日にPS Vitaを購入するのは、基本好奇心旺盛な方だと思うので、たぶん積極的に『 みんなといっしょ 』に触れてくれるのではないかと. 伴 『 みんなといっしょ 』を起動していただくと、逐次データベースにユーザーの情報が入ってくるので、どんどん推薦される人は多くなってくると思います. まずは『 みんなといっしょ 』をダウンロードしていただいて、積極的にアクセスしていただけるとうれしいです. そしてフレンドを増やして、増やしたフレンドとほかのゲームも遊んでほしい. 『 みんなといっしょ 』は、このゲームだけで完結してほしいわけではないんです. 増やしたフレンドと遊べば、「PS Vitaはこんなにおもしろいよ」というところにつなげてほしい. そういう意味でも、フレンドとどんどんコミュニケーションしてほしいと思っています.
posted by KoyamaNatsu at 20:05| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年12月07日

鹿野グループ、野田首相不支持 民主党代表選

ロンドン五輪の大会組織委員会は17日、記者会見し、サッカーの入場券が男女合わせて50万枚ほど売れ残る見通しだと発表した. 英国南西部ウェールズのカーディフにあるスタジアムでは、2階席を閉鎖するなどして「満員感」を演出するという. カーディフでは、日本女子が1次リーグで南アフリカと対戦する. 担当者は「五輪のサッカーは英国民の心をつかめなかった」. 世界最高峰とも言われるプレミアリーグがある国で、五輪のサッカーは「関心を呼べないのでは」との懸念は以前からあった. (平井隆介). 民主党の鹿野道彦前農林水産相のグループ(約20人)は4日、国会内で会合を開き、21日投開票の代表選で野田佳彦首相の再選を支持しないことを確認した. 会合では、鹿野氏が「残された1年間国民生活に責任を負う. これは最も大事なことだ」と述べ、早期解散に反対する姿勢を強調. 「一体的な行動をしていきたい」と結束を呼びかけた. これを受け、同グループは「対立候補の一本化が望ましい」との認識で一致した. 8日に放送が始まったNHK大河ドラマ「平清盛」の初回視聴率が、関東地区で17.3%だったことがわかった. ビデオリサーチが10日、発表した. レブロン ジェームス 大河の初回としては前作「江~姫たちの戦国~」の21.7%に及ばず、1989年に放送された「春日局」(14.3%)以来、最低の数字となった. 関西地区は18.8%、名古屋地区は21.4%、北部九州地区は21.1%だった.
posted by KoyamaNatsu at 21:09| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。